Archive for 8月, 2014

キーの閉じ込みとその対処法について

キー閉じ込みとは、車内に車の鍵を置いたまま施錠してしまうことです。
内鍵やインキーなどとも言われています。
この状態になると、車のドアを開けることが出来なくなる状況になります。

キーの閉じ込みが起こる原因は、多くの場合は車の故障による要因ではなく、人為的な要因によって引き起こされます。
以前は、車の問題の不具合発生のなかで一定の発生比率を占めていましたが、機械による対策などにより発生件数は減少傾向にあります。

キーの閉じ込みの問題を回避するには、車の所有者が個人で行う方法と車の機能を利用する方法やその他の方法などがあります。

車の所有者が個人で行う対策としては、ドアの施錠は必ず鍵を使用して行うことや、スペアキーを使用する方法などがあります。
車のスペアキーは車内に保管せず、キーの閉じ込みがあっても対応できるようにする必要があります。

車の機能を利用する方法としては、警告音などでキーの閉じ込みの状況を知らせる機能のある車を利用する方法があります。
この機能を利用するには、キーの閉じ込み対策がされている車を使用する必要があります。

人為的な要因以外の理由や個人で対処することが困難な場合は、専門業者に開錠を依頼する方法もあります。

車の冠水・浸水のトラブルについて

車の冠水・浸水は昨今増えているゲリラ豪雨や長雨の影響で被害に合う方が増えています。自動車の場合、全部が浸水するとまず利用できなくなります。自動車の場合電気部品が増えていることもあり、水の影響で壊れることが多いためと言われています。また、意外と思われるのがエンジンへの水の影響です。エンジンにはマフラーからの侵入と吸気側からの侵入がありますが、どちらの場合でも水が入ればエンジンを掛けた段階で壊れることが多いようです。水が入った場合はエンジンや電気系統を動かさずに乾燥させ、故障箇所をチェックすることが重要です。車が完全に見ずに使っていなくても注意が必要です。特にマフラーが見ずに使っている場合はエンジンを掛けては絶対にいけません。エンジンに水が入れば修理ではなく、エンジンの取替が必要になることも少なくないからです。マフラーからは水が入りづらいような設計になっていますが、マフラーが完全に水没している場合はエンジン側への逆流もありえるので注意が必要です。車が水没した、半分浸かった場合にはまず、乾燥が重要です。フロアマットなど、外せるものは外して早く乾燥させ、シミやカビを防がなくてはいけません。その際、バッテリーからケーブルを外すことを必ずする必要があります

車を運転中に地震が発生した時の対処法について

地震は突如として起こるものであり、人にはそれがいつ起こるかを予測する事は出来ません。つまり、その時に自分がどのような状況にいるのかを把握する事も出来ないので、時と場合によって柔軟に対応していく必要があります。仕事で車を乗る事が多いのであれば、車での移動中にそういった事が起こる可能性もあります。その時の対処法を知っておく事でパニックにならずに行動する事が出来ます。運転中に揺れを感じた時には、つい車のスピードを原則して路肩に止まりがちです。この行動は間違っているとは言えませんが、その過程が大切です。まず、車のスピードを落としながらハザードランプを点灯させて周囲の車にも注意喚起をします。こうする事によって、揺れに気づいていない人も適切な行動を取る事が出来ます。そして窓ガラスを閉めて、路肩に停車します。慌ててその場に車を乗り捨てる様な事があってはなりません。そして、一番大切なのは車から離れる場合においてはキーを挿したままにするということです。そのままでは盗まれるのではないかと心配ですが、緊急車両やその他の車両の通行の邪魔になった時にスムーズに車を移動させられる様にしなければならないので仕方の無い事です。

晴天下に放置した車の車内温度について

晴天下での放置をした自動車の車内温度は季節問わず、車外の温度と比べて高くなるのは明らかです。冬でさえも外はかなり寒い時でも晴れている時は車内に入ると温かく感じることでしょう。また夏の場合は外の気温もかなり上昇しますが、晴天下に放置した場合は温度がかなり高くなります。場所にもよりますが、場合によっては60度以上になることもあります。またハンドルや金属の部分などもかなり熱く、触ると危険である場合もあります。また最近は幼い子供が夏の炎天下にも関わらず、車内に置かれて、亡くなってしまったり、脱水症状になってしまうといった事故が起きています。またペットなども車内に置かれたままで同じような事故になるケースも起きています。たとえ短時間であっても油断は危険です。予想する以上に車内はすぐに高温状態になりますので絶対に幼い子供やペットはもちろんのこと置き去りにしてはいけません。また意外と見落としやすいものとして食料品などにも注意が必要です。生鮮品や冷蔵品などはもちろんですが十分注意する必要があります。どうしてもしばらく自動車を離れなくてはならない時は、可能であれば少しでもウィンドーを開けるだけでも温度上昇を和らげる効果があります。また置く場所も日陰に置くだけでもかなり温度上昇を抑えることができます。

車が水没したときの対処と脱出方法について

最近はゲリラ豪雨などの影響から、突然の河川の増水など、車に乗っていて、突然襲われてしまうということがあります。
車が水没してしまったら、そのままの状態だと、内側まで水が入ってきて、おぼれてしまう可能性があります。
そういった状態になった場合は脱出する必要があります。しかし、外側の水の圧力によって、普通にドアを開こうとおもったらとても人の手の力だけではあけることができません。
水圧というものは、外側と内側が同じ圧力なら、開けることもできるようになるので、完全に水につかる前に酸素をしっかりと吸い込んで完全に水で車内がうまったらドアが開けやすくなって、脱出することができます。
もうひとつの方法は、フロントガラスを割るという方法です。簡単に割ることができるのかというと、一定の場所に強い力を加えると割れやすいので、フロントガラスを割るための道具が売っているので、そういった道具を使うことで車から抜け出すことができます。
さらに、シートベルトを切るためのはさみのようなものを常時車に入れておくことでいざとなったときにはシートベルトをはずすことが困難になってしまうので、あけることができないシートベルトを切ることも場合によっては必要です。

トラブル防止術について

車のドライバーは、安全運転を心がけて日頃から事故を起こさないように注意して、他のドライバーや歩行者に危険を与えないように努めないといけないです。安全運転を心がけていても、車の不調から危険を招く事もあるので、車の整備も大切です。車に対して詳しい人や、整備が好きな人は難なく愛車の点検をすることができますが、知識が乏しい人は、日頃自分の車のチェックを怠ってしまう事があります。運転前にタイヤの空気圧を見たり、ガソリンの残量は最低限見るようにしたほうが良いです。ガソリンスタンドやオイル交換の時に無料でエンジンルームの点検を実施してくれるので、日頃自分でチェックをしていない人は利用すると安心です。そうすれば、万が一起こってしまう車の不調による事故を防止することにつながります。ガソリンスタンドはドライバーなら必ず利用するところなので、毎月無料点検を実施してもらえば知識のある人に見てもらえるので安心です。安心のために自動車保険に加入しますが、任意の自動車保険によっては、ロードサービスが付帯することがあります。有料の会員制でロードサービスに加入もできますが、保険に加入すれば無料でサービスを利用できる権限をもつことも可能です。ドライバーはいつトラブルに遭遇するか解らないので安心のために利用ができる保険を選択すると便利です。

整備点検を怠らない事

車は人々の移動手段や運搬手段として有効な物であり、生活の一部として活用していることが多々あります。
その為、事故が起こらないように日頃から定期的に車の整備点検を行なっておくことがとても重要です。
点検を行なう際に利用することが多いのが自動車工場です。
自動車工場には車のメンテナンスを行なう機械や材料などが数多く揃っており、ユーザーだけでは出来ない整備でも自動車工場であれば行い易いという利点がります。
整備・点検を怠らない様にする事によって、ほとんどの事故は未然に防ぐことが可能です。
タイヤのひび割れや擦り減り、各種パーツを固定している金具の締め具合などを確認することで、オイル漏れやスリップなどを防ぐことが出来ます。
バッテリーはエンジンを始動したり、ヘッドライトを点灯させたりなど車のパーツのあらゆる部分で必要になる電源です。
バッテリーの整備は重要であり、液漏れしていたり、膨らんでいたりした時にはショートなどの事故が起こる恐れがあるので速やかに新しい物に交換することが大切です。
ブレーキ周りの点検は、走行時の車の減速を行ったり、車を停止させるといった機能を正常に行えるかを確認しなければいけません。
車のパーツを隅々まで確認することで、車は安全な乗り物として活用出来るのです。

走行中は運転に集中することが第一

車に乗るときに一番大切なのは、運転に集中するということです。注意力が散漫な場合では、事故に遭う可能性が高まります。ですから、きちんと意識を持って運転をするようにします。
例えば、走行中にわき見運転をしたりすると、ハッとすることがあるでしょう。確かに道では景色も変わっていくので、そちらを気にしてしまうのですが、まずは自分の車に注意します。携帯電話やスマホは厳禁です。警察に捕まるだけでなく、事故に遭うということもあるかもしれません。運転中はドライブモードにしてあとでかけなおしましょう。急な電話では、隅に停車をして話をするようにしましょう。
自分の車だけではありません。ほかの車の動きや通行人、信号の様子などもきちんと確認しながら、運転していきます。音楽やラジオなども邪魔にならない程度にかけるようにします。緊急車両が近づいてきたのがわからないと本当に困ります。ですから、大きな音にならないようにします。
しかしながら、運転に慣れるまでは一度にいろいろなところに注意しながらというのはとても大変なことです。ですから、自分が集中できるような環境にするとよいでしょう。まわりの様子を見ながら、運転できるようにしましょう。

トラブル防止の為に

自動車にを所有していて、乗っていると、トラブルはつきものです。その防止策を考えてみましょう。
まず、自分の不注意によるものとしては、ガス欠で交差点などで停まってしまうような事態に陥ることです。全くガソリンがなくなると、車は動かなくなります。そうなる前に、エンプティのランプがついたときに速やかにガソリンを入れるようにしましょう。これは人によって、意識の違いもあるのですが、50kmくらいなら走れるといった過信がこういった事態を生みます。エアコンを使う夏場などは特に燃費が悪くなっているので、気をつけるようにしましょう。
次に、外部によるものとしては、車内の盗難、車上狙いです。これは社会問題にもなっています。車内に金めのものがあることがわかると、狙われやすかったり、車の置き場によって人目につかないところにおいていると狙われたりすることがあります。ですから、置き場には気をつけること、盗難防止として車を無理にいじろうとすると警告が出るようなものを設置するといいでしょう。
最後に、近所との騒音問題として、夜遅い時間いエンジン音の大きい車を扱うような時には十分に注意するようにしましょう。近所との関係はとても大切なのです。

最近の投稿