Archive for 9月, 2015

ローターの働き

ローターとはブレーキを構成しているパーツの一つでブレーキディスクとも呼ばれたりします。この円盤状のパーツですがこのブレーキをかけた際、このディスクをブレーキパッドで挟み込むことで車を停止させています。このブレーキディスクはホイールと連結しているため、ブレーキディスクの回転を止めることで連結されたタイヤの回転を止めることができ、結果として車を停止させることができるのです。このブレーキディスクにも様々な形状があり、用途によって使い分けされています。通常ですと何の変哲もない丸い円盤状のものなのですが、スポーツタイプの車両には穴が開いているブレーキディスクも採用されています。この穴がブレーキをかけた際、ブレーキパッドを綺麗にする役割を果たします。また、空気に穴をあけることでブレーキディスクの表面積を増やし、空気に触れさせることでブレーキディスクが持つ熱を発散させる働きがあります。スポーツタイプの車両ですと、ブレーキを頻繁に使用するため、時によっては熱を帯び、真っ赤になってしまうこともあります。そういった環境でもしっかりとブレーキの性能を発揮できるため、様々な形状のブレーキディスクが開発されています。

ブレーキセットの働き

車のパーツで重要なものの1つにブレーキがあります。普通自動車の場合はフロントがディスク、リアがディスクまたはドラムとなっています。車をカスタマイズする際、スポーツ走行が多い方や急勾配が多い道路を走る方の中にはブレーキの交換を考える方も多いようです。その際、交換するレベルで最も多いのがブレーキパッドの交換です。ブレーキパッドは材質によって作動熱や摩擦抵抗がかなり異なりますので手軽にブレーキを強化できるとして人気があります。さらにブレーキを強化したいと考える場合にはキャリパーなど、ブレーキセットの交換となります。キャリパーやローターなどはかなり高価な部類のパーツですが、効き目に関係してくるというよりはブレーキのタレが無くなってくる場合が多いようです。殆どの場合はブレーキパッドの交換で十分な方が多いですが、長時間ブレーキを酷使するような場合にはキャリパーとローターも交換しないといけません。また、ブレーキラインの強化を行う方も多いようです。ブレーキラインはブレーキのフルードの膨張によるブレーキの効き目の悪くなる症状を緩和し、また、ブレーキのフィーリングにも影響する重要部品です。ブレーキ周りは自分の走行スタイルに合わせて段階的にグレードを上げて行けます

キャリパーの働き

キャリパーとはディスクブレーキを構成する部品のひとつです。ブレーキパッドを車輪とともに回転する金属の円盤(ブレーキローター)に押さえつけるためのものです。これによって発生する摩擦で回転を止めたり制御することができるようになります。

ブレーキをかけるということは、摩擦が発生する以上、熱が発生します。そしてブレーキを構成する部品には素材に応じた許容温度があり、これを超えてしまうと摩擦係数が下がり、制動力が低下してしまいます。そのため熱に強く、放熱効果が高い素材が適しています。自動車の場合は鋳鉄製のものが使用されることが多いです。

ブレーキパッドを押し付ける方法によって、機械式と油圧式にわけられます。

機械式はブレーキペダルが踏まれることでワイヤーが引っ張られて、ブレーキローターにブレーキパッドが押し付けられるタイプのものです。構造が単純なため初期のディスクブレーキに多く採用ましたが、ブレーキローターを制動するために必要な強い力を伝えることができず、いまではあまり使われていません。

油圧式は油圧によりブレーキパッドを押し付けるタイプですが、これなら倍力装置を装備することが可能であり、強い制動力を引き出すことができます。そのためディスクブレーキを採用している自動車やバイクは油圧式が採用されています。

ブレーキシューの働き

ブレーキシューは内拡式ドラムブレーキで、ドラムにブレーキ作用を起こさせる働きを持っている部品です。制輪子とも呼ばれ、自転車や鉄道車両のブレーキなどにも用いられています。対象の物に押し当てる事により摩擦を起こし、それによって制動力を得る仕組みとなっています。
一般的な自動車では、ディスクブレーキが四輪全てに取り付けられている場合と、フロントにディスクブレーキとリアにドラムブレーキが取り付けられている場合があります。ドラムブレーキには熱を放散しにくい点など様々な短所がありますが、ディスクブレーキに比べ作動力に対する拘束力が優れているため必要とされています。パーキングブレーキを兼ねている小型車の後輪や大型自動車などは四輪全てにドラムブレーキが使われています。また、四輪ディスクブレーキの車にパーキングブレーキ専用のドラムが装着されている場合もあります。
このパーツは使用に伴って減ってゆくため、定期的に交換する事が必要です。一般的には社外品の物よりも、純正品の方が長持ちすると言われています。ブレーキの効きなど安全面に関わってくるため自分自身での定期的なチェックは必要ですが、交換などの作業は専門の業者に依頼するのが良いと言えます。

ブレーキ系カーパーツの選び方のコツ

ブレーキはカーパーツの中でも重要な部品の一つです。そのため部品を交換する際には、専門の訓練をうけた整備士が行います。交換はローターとパッド、そしてキャリパーの交換がとても有効です。キャリパーは、パッドをローターに押し付ける役目があります。ローターは、タイヤと部品を介してつながっていて、タイヤと同じ回転をします。その回転している、ローターを、パッドと呼ばれる、部品ではさみ、ブレーキをかける仕組みになっています。スポーツ系のパーツを選ぶには、ローターの径が大きく、排熱性能に優れたパーツを選びましょう。ローターは、ブレーキをかけた際、非常に高温になりますので、排熱の目的で、ローターに溝の入ったものがあります。市販されているパーツは、非常に多いです。迷うこともあるかもしれませんが、選ぶポイントとしては、自分の求める性能を決めることです。サーキットやレース場などで走るのではなく、普通の町乗りであれば、ノーマル、純正のパーツを使用する方が、経済的にもよいでしょう。パッドは材質で分類するとわかりやすいです。レジン、セミメタル、メタル、などがあります。パッドの性能によって、運転時の受ける印象も変わってきます。

ブレーキパッドの点検のポイント

ブレーキパッドは定期的に交換しなくてはなりませんが、大抵の方はパッドが減ったから交換してくれと言われるまで行わないと思います。ブレーキパッドは車の部品でも特に重要な部分ですが、パッドが減ってもよくわからないという方も少なくありません。また、ブレーキパッドの点検も重要ですが、あまり行われていないようです。ブレーキパッドはそう以降距離に合わせて減るというよりも、個人個人でへり方がかなり異なると言われています。それは、ブレーキの踏み方、離し方によってかなり異なるということ、また、ブレーキを使う頻度と速度によっても変わってくるそうです。そのため、普段からのブレーキパッドのチェックは重要です。ブレーキパッドのチェック方法は簡単です。タイヤを外してみれば分かりやすいです。しかし、そうそうチェックもしていられません。そこでブレーキを掛けた際に音がなるかを確認しておくとよいです。パッドが減ると音を出して知らせる機能がパッドにはあります。それも、ブレーキを掛けた際に必ず気づくであろうくらいよく鳴りますので気づくと思われます。パッドの交換は整備士がいるところに任せるか、自分で行う必要があります。車の保守部品でもあるので整備士の資格がない人には頼めません。

ブレーキパッドの寿命と交換頻度について

車の停止に欠かせないブレーキパッドは、走行から減速の行い方で寿命が変わります。
高速なスピードを出した状態でブレーキを行えば、強い力が各部に作用し、パーツの摩耗や劣化を発生させます。
特に、ブレーキ部は影響が大きく、走行を止める力が摩耗させるので、乗り方が性能低下や劣化を引き起こすといえます。
部品のサイズは小さく、接触面積が限られますから、この部分が摩耗し小さくなってしまうと、新品時の性能とはかけ離れた状態に変化します。
通常の乗り方では、長距離を走行しても問題は発生しませんが、荒い運転では異音が出たり、ブレーキの感覚に違和感を覚える場合があります。
平均的な運転の仕方なら、約7万km程度までは問題ありませんし、劣化の進み具合は緩やかですから、余裕を持って使用と交換が可能になります。
急な加速と停止を繰り返す場合は、約2万kmほどでも問題を引き起こすケースがあるので、運転の優しさが部品の性能に影響を与えると考えられます。
この部品がなければ車の停止が行えないので、運転機能維持が安全に欠かせない存在です。
音に意識を傾けたり、注意して聞く習慣を身に付ければ、状態の変化や異変の察知が行えますし、交換の時期を知る情報の一つとして判断が可能です。

ブレーキパッドの交換のポイント

車にはブレーキパッドと呼ばれる部品が取り付けられています。ブレーキと聞くと、タイヤの部分に取り付けられているイメージがあるでしょうが、正確にはタイヤのハブの部分にある、ブレーキディスクに直接触れるように、ブレーキパッドは取り付けられています。
このブレーキパッドがある程度すり減ってくると、交換のサインです。というのも、ブレーキディスクにブレーキパッドが強く押し当てられることで、ブレーキがきく構造になっているため、この部品がすり減ってしまえば、ブレーキがかからなくなり、車が止まらなくなってしまう危険があるからです。
ブレーキパッドを取り換えるのは、専門店で行ってもらいましょう。車の部品の中でも事故に繋がる重要な部分ですから、技術を持つ自動車整備士に依頼するのが最も安全です。素人が取り換えるようなものではありません。
取り換える際には、品質のよい高価な商品を取り付けたいと多くの人が望むところですが、実はブレーキパッドにおいては、品質がよいほど長く持たないという弱点があります。品質のよいものは、ブレーキのかかりがとてもよいため、その分だけブレーキディスクとの摩擦が強くなり、1度ですり減る量が多くなることをよく理解しておきましょう。

ブレーキパッドの働きと重要性

ブレーキパッドは自動車の運動エネルギーを熱エネルギーに変えることで、速度を下げるために重要な役割をしている部品です。このパッドが消耗して熱エネルギーへの変換効率が低下するとブレーキの利きが悪くなり事故へとつながります。車検などの検査では必ずこのパッドの残り量が記入されることが義務付けられています。パッドの残り量が少なくなっていると指摘された場合には、速やかに新品のパッドに交換する事が必要です。このパッドの減り具合は運転の仕方で大きく変わってきます。フットブレーキを多用するような運転をすると、パッドの減りは早くなってしまいます。エンジンブレーキを併用することで、パッドの減りを抑える事ができますから、パッドの減りが速いと感じる場合には、極力エンジンブレーキを併用するような運転をする事で、パッドの寿命を延ばす事ができます。また、パッドによって発生した熱は車輪から外気へと放出されていきますが、フットブレーキを多用すると放熱が追い付かなくなり、パッドが残っているにも拘らずブレーキが効かなくなるという現象を起こしてしまいます。下り坂などで起こりやすい現象ですから、長い下り坂が続く場合にもエンジンブレーキを併用するように心がけましょう。

自分でできる!ブレーキ系カーパーツの交換

宇宙04カーパーツの交換には、プロにお願いしなくても自分で行えるものもいくつかあり、ブレーキフルードも道具を揃えれば自身で行うことはできます。二人で行ったほうが効率よく行えますが、一人で行うときにはワンウェイバルブを用いることで用が足ります。これを使えば、押し出したブレーキフルードを吸い込むことが無くなるためです。

ブリーダープラグからホースで大きめの空のペットボトルなどにつなぎ、プラグを徐々に緩めていきます。いきなり緩めすぎないことが大切で、緩めすぎるとリザーバータンクが空になってしまうことがあるので様子を見ながら行っていきます。ワンウェイバルブで、空気を吸わないようにすれば、ブレーキペダルを踏む前に緩めても作業が行えます。

ペダルを十分に踏んでから離すことを続けていると色の濃い古くなったブレーキフルードが出てきます。きれいな色になったらリザーバータンクのアンダーラインよりも少し上ぐらいになるまで入れて交換が終わったら、垂れているところを綺麗に洗い流しておく必要があって、垂れたものが残っていると塗装がはがれてしまったりボディに穴をあけることに繋がるので、垂れた形跡がみられなくても洗い流しておいた方が無難です。

最近の投稿