Archive for 1月, 2016

少しでも税金を削減する節約ポイントって?

マイカーの購入時には必ず必要とされる税金があります。その中には重量税と呼ばれているものがあり、新車として購入した場合では3年間分を一括して支払うことになり、中古の場合では検査時の2年に1度の支払いが必要とされています。重量税はその名称通りにマイカーの重量によって決められています。2年間分の例を挙げると500キロ以下で5,000円、1.000キロ以下で10,000円、1,500キロ以下で15,000円などと重量が重くなることによって、税金が高くなるシステムです。少しでも税金を削減して、維持費用を抑制した上で、節約を行うことを意識した場合では、やはり重量の小さなマイカーを選ぶことがポイントです。大きなボディなどを持っている場合では、多額な税金が必要になり、一般的なマイカーの場合では13年経過、18年経過などとして、一定期間以上所有していると、更に高い金額に設定されてしまいます。現在では新しくマイカーを購入する際に、いわゆるエコカーと呼ばれているものを選ぶ方法でも節約を行うことができます。エコカー減税と呼ばれるものが適用されることになり、減税は25%と50%、そして75%まで減税される方法があり、購入前には確認しておくことが必要です。

自動車重量税早見表とは?

総ての公道を走行する自動車の所有者は、必ず税金を納付する義務があります。納付するタイミングは新規で購入するか法定検査を受けたタイミングで支払うこととし、法定検査を受けなければ公道を走行することができないため、延滞がない税金です。

もちろん、公道を走行する軽自動車にも課せられ、車両重量や年数、排ガス規制区分、燃費などによって税額も変ってくるのが特徴としてあります。納付先は国となり、納税額の基本は税金の命名から車両重量が基本となります。

実際には早見表が整備されており、その早見表を見れば納税額が簡単に解るようになっています。自家用の場合であると軽自動車、0.5トン毎に税額が決められており、3トン以上は一律の税額となります。

また他の特徴としては、最高で新規購入時と1回目の法定検査時の合計2回までエコカー減税を受けることが出来る点です。その内容もエコカー減税対象であれば新規購入時であれば、免税、本則税率から75%、本則税率から50%減税、本則税率から25%減税、本則税率の五つの種類に分けることが出来ます。

1回目の法定検査時では、免税、本則税率から50%減税、本則税率の三つの種類に分けることが出来ます。もちろんエコカー対象外の場合は、税金が高くなってしまいます。

なお法定検査の有効期間が1ヶ月以上残っている場合には、その還付を受けることも可能となります。

 

自動車重量税の税率と計算方法を知ろう!

自動車重量税の計算方法は、大きさによって多少違っていくものでありますが、最低限取得価格の数パーセントが加算されるという内容をマスターしておくことが重要です。また区分による税率の変化も把握しておくことが大切になっていきますが、具体的に見ていけば容易にその内容を把握していくことが可能なのです。
次に自動車重量税の計算ですが、普通は5パーセント、営業用は3パーセントという基準が一般的な中身になっています。さらに減免できるような制度も存在しているため、税率については工夫次第で安価に抑えるような内容も見えてくるのです。ここ数年はわかりやすく説明をしているホームページも公開されるようになっており、事前にシミュレーションをしてから手続きができるような環境も用意されています。便利になった世の中の制度を上手く利用することで、自動車重量税に関与する事柄を前向きに捉える状況が出ていくのです。
その一方で購入したときやメンテナンスを受けたときに納める税金にも日頃から関心を注いでいくことが大事であり、自分自身がどういう制度を受けるかをいち早く把握しておく部分が大切です。それを理解していれば、事がスムーズに進行していきます。

エコカー減税の対象車と期間について

税金とは、購入した時の「取得税」・購入時と検査時の「重量税」・毎年掛かる「軽・自動車税」です。エコカーとは次世代カーといわれる電気・天然ガス・プラグインハイブリット・クリーンディーゼルなどと、国土交通省が定める排出ガスと燃費基準を満たしたものが対象車となります。適用期間は重量税が平成24年5月1日から平成27年4月30日で、取得税が平成24年4月1日から平成27年3月31日となっています。減税率は購入するものが新しいか、中古かによって違ってきます。また燃料に係る環境負荷に関する分類で電気・天然ガス・プラグインハイブリット・クリーンディーゼルと、ハイブリットと含むガソリン・ハイブリットを含むディーゼルであるかでも
減税率が異なります。ガソリン・ディーゼルの場合、乗用・中量・重量という重さによっても減税率が変わり、減税基準はハイブリットとガソリンで基準に対しプラス20%・プラス10%・10%未満達成でも変わると覚えておいてください。エコカー減税は重量税の場合、適用期間内における新規検査で納付しなければならない税額を50%以上減免されます。輸入されたものであっても基準を満たしていれば対象車となります。

総排気量別の自動車税額とは

マイカーの場合は所有していると維持費用がかかることになり、その中には税金も含まれています。税金の中にはマイカーの総排気量によって分類されているものがあり、一般的には自動車税として毎年支払う義務が生じているものが該当しています。この税金はマイカーの排気量別に区分されていることが特徴で、一般的なマイカーの場合では29,500円から100,000を超えるような設定の排気量も存在しています。一方で排気量が660ccの場合では市町村税に分類されているので、各市町村によって違いが生じている場合もありますが、基本的な税額については5ナンバーの自家用として乗っている場合では、7,200円、5ナンバーの営業用の場合では5,500円、4ナンバーの自家用で4,000円、4ナンバーの営業用で3,000円に設定されていることが基本です。一般的には排気量の区分けによって決められていることになり、排気量の大きな場合ではそれだけ税金も高く設定されることになります。したがって、マイカーを所有する際には、予め税金のことを把握してから購入を行うことも良い方法になり、維持費用について把握しておくことで後に不具合を感じてしまうことがなくなり、想定内の範囲で維持できることになります。

自動車税と軽自動車税との課税額を比較してみよう!

自動車税と軽自動車税の最大の違いは税額そのものです。軽自動車税は乗用車タイプであっても年額7千円余りか1万円余りで済みますが、自動車税の場合は同じ常用であっても最低でも3万円近くかかってしまいます。ただし、軽自動車税は年度途中で抹消登録を行ったとしても、月割りので税金の還付はありません。一方、自動車税は月割りので還付が発生します。抹消登録の翌月から3月分までを月割りで返還するというもので、元々の税額が高ければそれだけ還付される額も多くなってきます。つまり月割りでの課税の考え方があるかないかでも分けることが出来ます。
なお、4月1日現在で登録があればそれぞれ課税されることに変わりはありません。しかしながら、年額での計算しかしない軽四の場合と、月割りので課税の考え方があるものとで、ここでも考え方が変わります。年度途中で抹消登録を行っても翌年度以降の課税が発生しないだけという理解をすることになります。この方法で4月1日以降に新規登録を行えば、その年の税金負担が安くなるという考え方が出来ますので、購入時には販売業者とよく話し合って決めることが大切となるでしょう。数千円でも違えば、相応に変わってくるものです。

自動車節税する際のポイント

車を所有すると、様々な税金がかかります。購入時にもかかりますし、所有するだけでもかかります。もちろん使えばもっとかかります。何十年も前であれば、贅沢品という位置付けで高い税金が課せられるのも仕方がなかったかもしれませんが、現在は実情に合っていないとの見かたもあります。
今後税制改革で変わる可能性はありますが、税収が足りていない日本において、驚くほど税負担が軽くなることは考えられません。そうなると、消費者のほうで少しでも節税努力をするしかありません。
維持費を節税するなら、燃費の良いマイカーを選ぶ、という方法があります。燃費が良ければ多額の税金が課せられているガソリンの使用量が少なくて済みます。ガソリンをまったく使わない電気、燃料電池を動力源とするマイカーに買い替えるのも良いでしょう。
取得する時は、取得税が少しでも少なくなるよう努力しましょう。取得税は取得金額に応じて上がりますが、この取得金額にはオプション品も含まれます。本体が200万円であっても、100万円のオプションをつければ、300万円が基準になりますので注意しましょう。オプション品は後から付ければ課税されません。後付けできるものは、なるべく後から取り付けるようにしましょう。

自動車にかかる税金の計算シミュレーションの方法

車を購入する時は、本体価格とは別に諸費用を支払わなければなりません。この諸費用には代理店に支払う手数料なども含まれていますが、大きなウェイトを占めるのは税金です。幸い税額は決まっており、購入する商品が決まっているのであれば、事前に計算しておくことができます。本体価格の2割弱、などというアバウトな計算ではなく、きちんと算出しておきましょう。
まずは消費税です。こちらは2015年11月現在8%ですので、簡単です。仮に本体を200万円とすると、16万円です。次は取得税です。税抜き取得価格のおよそ5%ですので、10万円です。そして重量税は、重量0.5tに対して18900円と決まっています。仮にこの200万円の商品が2tと仮定すると、75600円になります。
このように計算してみると、本体200万円に対して33万円以上の税金がかかっていることが分かります。実際にはこれ以外に販売店に支払う代行手数料などがありますので、2割を超える可能性もあります。決して無視できる金額ではありません。
取得税、重量税に関しては、エコカー減税の対象になっていれば、大幅に軽減されます。エコカーとは、排気ガスや燃費性能が一定の基準を満たしているもので、100%免税されるエコカーもあります。

自動車取得税の特徴問題点について

自動車取得税は、自動車を取得することに対して課せられる税金です。取得金額を基準に計算しますが、この取得金額とは実際に購入者が支払う金額と必ずしも一致しません。また中古で購入する場合も残価率に応じて支払う必要があり、わかりにくいと非難されています。
他にも自動車取得税には様々な問題点があると言わざるを得ません。まず二重課税であるとの指摘です。購入する時は消費税も支払いますが、同じような性質の取得税を課せられることは問題、と古くから指摘がありました。現在消費税が10%になるタイミングで廃止が決定しています。
もともと道路整備等に充てるとする目的税でしたが、2009年より一般財源化されています。主に道路を使うドライバーが道路整備の費用を負担する、という名目が失われています。本来は国民全員で負担すべき税金をドライバーだけが負担することにもなりかねず、一般財源化されて以来、批判の的になっている税金でもあります。
ただでさえ、日本のドライバーは過剰ともいえる税負担を強いられています。所有するだけで毎年課税され、取得の際にも多くの税金が課せられます。加えてガソリン代は8割が税金であり、世界一高い維持費がかかります。自動車取得税の廃止だけでは充分とはいえないでしょう。

自動車にはどんな税金がかかるのか?

家族01自動車はさまざまな段階で税金が課せられることになっていますので、購入時の本体価格にまどわされずに、あとあとのランニングコストまでを含めた資金計画が求められます。まずは購入時ですが、本体そのものの価格に対しては通常の商品の売買と同じように消費税がかかりますし、消費税アップのタイミングで廃止予定というものの、自動車取得税という都道府県税もかかります。また、新規にナンバーを登録をする際や、その後に継続検査を受けるにあたって、自動車の重量やタイプにみあった自動車重量税も負担しなければなりません。その後は運転をしてもしなくても、所有しているだけで、その名義人に対しては、市町村税である自動車税が課せられることになっていますし、もしも運転するのであれば、その燃料であるガソリンや軽油のなかには、ガソリン税や軽油取引税、さらにまた消費税が課せられています。このように、購入してから、その後の所有、走行といったすべての段階において、なんらかの名目で税金が課せられているため、「税金のかたまりである」などという皮肉もささやかれるところです。ユーザー団体では、こうした状況をふまえて、国に対してたびたび税金を引き下げるようにという陳情活動を行っています。

最近の投稿