Archive for 4月, 2016

前後を注意して正しい車線を

運転初心者にとって、大きな関門は駐車と車線変更でしょう。特に車線変更は走行中にしなければならず、苦手意識を持つ人が非常に多いです。車線変更のポイントを確認しておきましょう。コツさえ分かればもう怖くありません。車線変更したいときは、まず前後の安全確認をします。サイドミラーやルームミラーを見ながら、変更したい車線にスペースがあるかどうか判断します。次に合図を出して、その方向に移動していきます。この時大切なのが、車は止まっているわけではなく、お互い動いているということです。変更する車線の車の流れに乗らなければなりません。例えば、変更する車線の車が速く進んでいるのに、車線変更した自分の車がそれよりも遅く走ると、後続車が追突してしまう危険性があります。逆の場合もそうです。ゆっくり走っている車の中に、スピードを出して入ってしまうと、前の車に追突してしまう可能性があります。周囲の車の流れを的確に把握することが、上手な車線変更のポイントです。また、初めのうちはミラーで確認することに慣れず、後ろを向いて直接見る人が多いですが、これも危険です。後ろを向いた一瞬の間に、前の車が急ブレーキを踏むと追突しかねません。さらに、車線をすり抜けてくるバイクにも注意しましょう。

ウインカーは車線変更で欠かせない

車線変更で方向指示器、俗にいうウインカーを出さない車がいますが、これはマナー違反です。
この程度のことにいちいち文句をつけるなというドライバーもいますが、基本的に車の運転はその車線を走っている車が優先され、隣接する車線の車が割り込んでくることは、スムーズな走行を妨げられ、あまり気分のよいものではありません。前に割り込ませてくださいといったお願いの意味も込めて、方向指示器を点滅させて、後方の車に合図を送りましょう。
車線変更をする時はすぐに方向指示器を点滅させるのではなく、後方の車の状態を確認をしてください。この時に左右に視線を向けるよりも、前後の状況を確認する意識の方に重点を置くのがポイントです。
ほどよいタイミングがやってきたら、ここで少しスピードを下げて方向指示器を点滅させ、真後ろの車や割り込みたい車線を走っている後方の車に合図を送ります。車線変更を行う直前に方向指示器を点滅するのは、相手をびっくりさせてしまいますので、最低でも3秒間は点滅させるように心がけましょう。
方向指示器を点滅させている最中も、周囲を注意深く確認してください。直視だけでなく、ルームミラーやドアミラーを有効活用すると、より安全に車線変更ができます。

車線と速度の関係性

念願の免許を取得し、いざドライブを楽しもうとしているあなたにとって、なかなか難しいのが車線変更です。ですがコツをつかめば簡単に変更することができるようになるでしょう。
まず大事なのが、平行に移動するということ。隣の車と車の間に平行に移動するのですから、隣の車との速度を合わせる必要があります。
もっとも危ないのが隣よりも遅い場合。遅いスピードのまま変更してしまうと後続車に追突されてしまう危険性があります。ここで重要なのが、隣を走行する車の前に入るのではなく、後ろに入るという意識を持つことです。
隣の車の前に入ると考えると、先ほどの追突される危険性がありますが、後ろにつけるように心がければ、適度な車間距離に気をつければ入ることができます。
車間距離に関しても、隣を走る車と速度を合わせることが大切です。同じ車間距離でそのまま平行移動で入ることができれば、不用意に車間距離をつめることや、急ブレーキを踏んでしまい後続車との衝突などの危険を回避することができます。
このように「隣を走行する車と速度を合わせる」、そして「車の前に入るのではなく、後ろにつけるように意識する」ことがコツです。このコツをしっかりつかんで、安全にドライブを楽しみましょう。

初心者でも分かる車線変更のコツ

車線変更は、初心者にとってはとても難しいものです。隣の車線に移るタイミングや方向指示器を出すタイミングがなかなかつかめないことがよくあります。まずは車線を変更する時には車の後ろに入ることを意識することが重要です。相手の車の後ろに自分の車の位置を移していくことから始まります。車線を変更する時に、無理に相手の車の前に入ろうとすると、相手の車よりもスピードをあげたりすることもあります。その時に、相手の車もスピードをあげたら、お互いにスピードをあげ合うような危険な状態になります。これでは、レースになってしまいます。方向指示器を出して、隣の車線の車に車線を変更する意志があることをしっかりと主張します。そのうえで、相手の車の後ろに入るような気持ちで車線を変更するのです。相手の車にとっては、自分の車の後ろに入ってくることに対して、何の問題もありません。相手の車の後ろに車が走っていたとしても、その車にも車線を変更する意志を見せることができます。車線を変更するときに一番大切なことは、自分の意志を速く、正確に、伝いたい相手に知らせることが大切です。気持ちよく、安全に運転するために、ちょっとしたコツを身につけることは必要なことです。

内側を徐行?運転手が気をつけたいポイント

カーブでは交通事故が多いことがわかっています。その理由としては、第一にスピードを落とさないと曲がれないからです。特に急カーブであるほど、減速が必要となります。

すると、前の車と自車との速度差が大きくなってぶつかってしまったり、自車の減速が足りずにセンターラインをはみ出して、対向車と衝突してしまうなどの事故が起きてしまうのです。

第二に、前方の見通しが悪くなるからです。曲がっているということは、その先の視界が悪くなり、前の車や対向車、あるいは道路の状況などを見落としがちになるのです。

ちなみに交差点を左折・右折する際もカーブといえます。この際には交差点の中心のすぐ内側を徐行しなければいけません。交差点の中心の外側を曲がってしまえば他の車と衝突する危険性がありますし、スピードを出していれば危ないからです。

特に交差点は歩行者や自転車、バイクなども混在していますので、危険を避けるためにしっかり減速しましょう。

カーブ一般について言えることですが、しっかり減速することが大切です。曲がりきれなければ危険だからです。ただ、曲がっている途中でブレーキを掛けますと、挙動が不安定になって事故を起こしかねません。

カーブに進入する前にしっかり減速して、ブレーキを踏まずにカーブを通過するのが理想的です。

一般道路とアウト・イン・アウトの関係性

アウト・イン・アウトとは、右や左にカーブしている道路を走る方法を指します。例えば、直線道路から左カーブに進入する時は、カーブの右側寄りを走り、カーブの最も内側にあたるクリッピングポイントに向かっていきます。クリッピングポイントを通過したら、今度はカーブの外側に向かっていき、出口では最も右寄りを走ることになります。クリッピングポイントとは、カーブの進入から脱出に切り替わるターニングポイントを指します。進入のポイントからクリッピングポイントそして出口のポイントこの3点ができるだけ直線に近いと自動車の左右の揺れや挙動が少なくなり、車体が安定します。そのカーブや車種に適したスピードとクリッピングポイントを何処に取るかによって車体の安定性が大きく異なってきます。カーブへの進入速度やクリッピングポイントの位置の予測を誤ると対向車線にはみ出したり、車体の横転や大事故に繋がります。
一般道路では、市街地よりも山間部のカーブの続く山道を走る時を想定しますが、この走り方をあまり意識しすぎると、最近問題化している逆走に繋がる恐れがあります。クローズドサーキットで競技を行う場合は、このライン取りが最も速く走れる方法とされていますが、一般道路においては、速く走るよりも安全に走る事に比重をおくべきです。また、一般道路では、対向車がいる事を念頭に安全な運転を心掛けることが最優先です。

 

 

 

 

見通しとカーブの関係性

私たちが普段何気なく自動車で走っている道は直線道路もあれば、複雑に交差している道や曲がることの多い道もあるでしょう。特に都市部は道路の道幅も狭く、運転に特に神経を使いますよね。直線道路でも飛び出しなどに気をつけて走らなければなりませんが、見通しの悪いカーブを走る際にはそれ以上に気をつけなければなりません。見通しが悪いと、直線道路のように事前に前方の状況を知るということが困難で、いきなり目の前に現れた状況を瞬時に判断し、運転しなければなりません。そうなると急ハンドルや急ブレーキを踏まざるをえなくなり、後続の車にも危険が及びます。そうならないためにも、曲がる前には必ず十分にスピードを落とすことが重要です。スピードを落としておけば遠心力で反対車線にはみ出してしまうといった恐れもほとんどなくなりますし、余裕を持ってハンドルを切り、きれいに車線の内側を回りきることができます。いつもよりも気持ち丁寧に回ることを意識すると、より安全に曲がりきることができます。対向車線に車が見えないからといって前の車を追い越したりすることは絶対やめましょう。見通しが悪く見えないだけで対向車が来ている場合があり、そうなると正面衝突は避けられません。くれぐれも慎重に運転するようにしましょう。

見通しの悪いカーブで事故を防ぐポイント

アメリカのような広大な平地が続く土地であれば、障害物がなく、比較的安全な車の運転ができますが、起伏の激しい日本においてはそうはいきません。特に山道のカーブでは山によってブラインドのように、目の前をふさいでしまい、見通しの悪い状態に陥りやすく、正面衝突を起こす原因にもなります。
事故を防ぐには、大きく曲がった道を上手に走行する、テクニックが必要になります。曲がる時にはセンターライン側によって、ショートカットするような走行の仕方をやめるようにしましょう。このような走行をすると、ショートカットをしていた側が、100%責任を負う可能性が高くなります。
ショートカットをしても、たいして時間の短縮にはなりません。どんなに緩やかな曲り道であったとしても、基本は走行速度を落とすようにすることです。たったこれだけでも、上手に曲がれるようになります。さらに曲がる際には、左側によって走行することも大切です。対向車線の車に迷惑をかけない意味がありますが、対向車線側の車がショートカットによる走行をしてくる恐れを考え、事故に巻き込まれないようにする対策としても効果があります。自分だけでなく、相手が無理な車の運転をしてくる可能性を考慮した、運転を身につけたいところです。

カーブの走り方はここが大切!基礎知識まとめ

自動車が走るのは、タイヤと路面の摩擦により進む、という話を聞いたことがある人は多いと思います。タイヤがすり減っているとその摩擦が少なくなり、急にアクセルを踏んだりするとタイヤが滑る、という経験をしたことがあるという人も多いでしょう。
この摩擦は、車がカーブを曲がる際にはさらに重要になります。その際には遠心力という、曲がっている最中に車が外に飛び出そうとする力も働くので、その力にもタイヤが摩擦で耐えることで曲がれるようになるという事なのです。
従って、その場合の走り方は基本的には曲がり始めの遠心力が掛かり始める時点では速度を落とし、出来るだけタイヤにかかる力を少なくすることが大切です。そして曲がっている間はブレーキは極力踏まないことが基本です。曲がっているときにブレーキを踏んでしまうと止まろうとする力がタイヤに加わるので、今まで遠心力に耐えていたタイヤの摩擦が止まろうとする力に取られてしまい、外に飛び出してしまう危険があるからです。
曲がり始めには十分減速し、途中で徐々にアクセルを踏み始め、直線の所で加速していくという専門用語でスローイン・ファーストアウトと言いますが、このような走り方が一番自動車が安定して走れる走り方です。

日常運転時に心がけたい車の知識

}PgžxQ車の免許を取ったら、誰もが自分のための車を購入して日々の生活の中に取り入れていくことになります。操作技術を向上させていくのも大切なことですが、乗る車についてももっと自分自身で理解をして、必要な点検などもできるようになればさらに安心して乗っていく事ができます。日常の運転時には、細心の注意を払います。その車についても、自分でも点検をするなどチェックをする機械を増やしていきましょう。車検時の時の24ヶ月点検については誰もが行っていますが、他にもしておきたい12ヶ月点検の場合は人によって行うこともあればそうでもない場合もあります。教習所時代には、毎日乗る前に点検をしようと習ったものですが、それを実践している人はほとんどいません。たまにでもいいので思い出して、点検をしてみましょう。エンジンルームを開けて確認していく点検内容と、車の周囲を自分で回って目視で確認していく内容や、実際に席に座って確認する内容などがあります。日頃から自分できちんとチェックしておきたいですが、忙しい事も多々あります。年間走行距離が大体1万kmぐらいの一般的な車の使用方法の場合であれば、一ヶ月に一回の程度でいいのでチェックをしておくようにしましょう。

最近の投稿