ABSとは

ABSは、自動車などに搭載されているブレーキシステムで、Antilock Brake Systemの略で、メーカーによっては異なった呼び名の場合もあります。
機能は、ブレーキをロックさせない機能で、急ブレーキをかけた時や滑りやすい路面などでブレーキをかけた場合、タイヤがロックしてしまうとハンドル操作は不能となり、制動距離も伸びてしまうので危険が伴いますが、ABSは断続的にブレーキ圧を緩めてタイヤの回転を維持しながらブレーキングを行うので、制動距離は短くなり、ハンドル操作も可能になるので障害物などを回避できます。
構造は、ブレーキペダルを強く踏みタイヤがロックしそうになるとセンサーが感知してブレーキを弱めて最適な状態にし、ブレーキを強めたり弱めたりしてタイヤのロックを防ぐ構造となっています。
ABSが作動していると、ポンピングブレーキをかけているような状態になり、ブレーキペダルは押し戻されるよな感じで強い振動がありますが、故障ではないのでそのまま強く踏み続けると安全に停止できます。
この時、ポンピングブレーキをかけると制動距離が伸びてしまいますので、ブレーキは力強く踏みハンドル操作に集中するようにします。

Comments are closed.

最近の投稿