エアバッグの役割とは

エアバッグは全ての車に備え付けなければならない安全装置です。事故の時の衝撃に反応して作動し、運転手や助手席の人が頭や体をフロント部分の強くぶつけないようにする役割を持ちます。エアバッグは前方や横から衝撃を受けると、圧迫されてガスが行き場を無くすため大きく膨らみクッションとして働き衝撃によって人が持った運動エネルギーを吸収します。衝撃を受けてから膨らむまでは人が瞬きをする時間の半分以下や音速と同じくらい早いので、エアバッグがあるかどうかで事故の被害に大きな影響を与えています。しかし本来交通事故の被害を最小限に抑えるのはシートベルトです。安全装置が作動して膨らんでも、シートベルトをしていないと効果を十分に得られません。衝撃によって人間の体は前や横に大きく揺さぶられます。もしシートベルトがなかったらサイドガラスやフロントガラスに体が投げ出されて、道路に飛び出すのでエアバッグが膨らんでも機能しないためです。道路に出ればその衝撃は強く命を落とすこともあります。まずは体が外に投げ出されない必要があります。よってエアバッグはシートベルトを着用することが前提に作られており、日本語の正式名称も補助拘束装置とされます。

Comments are closed.

最近の投稿