エアバッグとは

エアバッグとは、作動すると袋が膨らむことにより運動エネルギーを吸収したり、衝撃の緩和をするために使用される装置のことです。身近にあるものとして、自動車の運転席や補助席などに乗員保護システムとしてエアバッグが使用されています。これによって事故などの際に役立っています。最近では側面からの衝撃やひざの衝撃を守るためにいろいろなところに取り付けられています。ただし、エアバッグを使用する最低条件としてシートベルトを着用していることが前提です。正しい使い方をすれば命を守ることが出来ますが、使い方を間違えれば命を落としてしまう可能性があります。現に日本国内においてエアバッグによって奇跡的に命が助かった事例もあれば、逆にこれによって死亡してしまった事例や怪我(重傷)になってしまったという事例があります。また、必ずしも使いたい時に起動するわけではないため、作動をせずに事故によって死亡してしまった事例もあります。そのため、必要なときにしっかりと作動するかどうかをきちんと点検する必要があります。現在では、オートバイや惑星探査機に使用されていたり、雪山などでの雪崩の対策などにも使用されています。正しい使い方を身につけるようにしましょう。

Comments are closed.

最近の投稿