ブレーキアシストとは

最近は燃費の向上と共に一段違った安全性の向上が図られています。事故の際に被害が少なく済むようなボディの頑丈性、エアバッグ、シートベルトといった方向ではなく事故を未然に防ぐための安全装置です。ブレーキアシストというより早く停止するための装置が多くの車に搭載されています。これは間違われる事が多いのですが前方の障害物を感知して自動でブレーキをかけると言う衝突被害軽減ブレーキとは別なシステムです。通常運転手が危険を感じて急ブレーキを踏んだ際には強い力で踏み続ける必要があります。一度強く踏んだだけではスピードが落ちるだけで停まるまでの制動距離が長くなってしまいます。しかし一般の運転者は普通に信号で止まる程度のブレーキ操作の強度しか知らない事もあり、長時間強い力でブレーキを踏み続けられない事が多いのです。ブレーキアシストは運転者のペダル操作速度から緊急性がある事を感知し、それがパニックブレーキであると判断した場合には通常よりも高いブレーキ液圧を発生させて制動距離を短縮させるものです。力の弱い女性や老人でも強い踏む力を維持できる為、大変に有効な安全システムとして普及しつつあります。機械式と電気式があり電気式は反応に優れますがやや高価となります。

Comments are closed.

最近の投稿