ブレーキ系カーパーツの選び方のコツ

ブレーキはカーパーツの中でも重要な部品の一つです。そのため部品を交換する際には、専門の訓練をうけた整備士が行います。交換はローターとパッド、そしてキャリパーの交換がとても有効です。キャリパーは、パッドをローターに押し付ける役目があります。ローターは、タイヤと部品を介してつながっていて、タイヤと同じ回転をします。その回転している、ローターを、パッドと呼ばれる、部品ではさみ、ブレーキをかける仕組みになっています。スポーツ系のパーツを選ぶには、ローターの径が大きく、排熱性能に優れたパーツを選びましょう。ローターは、ブレーキをかけた際、非常に高温になりますので、排熱の目的で、ローターに溝の入ったものがあります。市販されているパーツは、非常に多いです。迷うこともあるかもしれませんが、選ぶポイントとしては、自分の求める性能を決めることです。サーキットやレース場などで走るのではなく、普通の町乗りであれば、ノーマル、純正のパーツを使用する方が、経済的にもよいでしょう。パッドは材質で分類するとわかりやすいです。レジン、セミメタル、メタル、などがあります。パッドの性能によって、運転時の受ける印象も変わってきます。

Comments are closed.

最近の投稿