ブレーキパッドの点検のポイント

ブレーキパッドは定期的に交換しなくてはなりませんが、大抵の方はパッドが減ったから交換してくれと言われるまで行わないと思います。ブレーキパッドは車の部品でも特に重要な部分ですが、パッドが減ってもよくわからないという方も少なくありません。また、ブレーキパッドの点検も重要ですが、あまり行われていないようです。ブレーキパッドはそう以降距離に合わせて減るというよりも、個人個人でへり方がかなり異なると言われています。それは、ブレーキの踏み方、離し方によってかなり異なるということ、また、ブレーキを使う頻度と速度によっても変わってくるそうです。そのため、普段からのブレーキパッドのチェックは重要です。ブレーキパッドのチェック方法は簡単です。タイヤを外してみれば分かりやすいです。しかし、そうそうチェックもしていられません。そこでブレーキを掛けた際に音がなるかを確認しておくとよいです。パッドが減ると音を出して知らせる機能がパッドにはあります。それも、ブレーキを掛けた際に必ず気づくであろうくらいよく鳴りますので気づくと思われます。パッドの交換は整備士がいるところに任せるか、自分で行う必要があります。車の保守部品でもあるので整備士の資格がない人には頼めません。

Comments are closed.

最近の投稿