ブレーキシューの働き

ブレーキシューは内拡式ドラムブレーキで、ドラムにブレーキ作用を起こさせる働きを持っている部品です。制輪子とも呼ばれ、自転車や鉄道車両のブレーキなどにも用いられています。対象の物に押し当てる事により摩擦を起こし、それによって制動力を得る仕組みとなっています。
一般的な自動車では、ディスクブレーキが四輪全てに取り付けられている場合と、フロントにディスクブレーキとリアにドラムブレーキが取り付けられている場合があります。ドラムブレーキには熱を放散しにくい点など様々な短所がありますが、ディスクブレーキに比べ作動力に対する拘束力が優れているため必要とされています。パーキングブレーキを兼ねている小型車の後輪や大型自動車などは四輪全てにドラムブレーキが使われています。また、四輪ディスクブレーキの車にパーキングブレーキ専用のドラムが装着されている場合もあります。
このパーツは使用に伴って減ってゆくため、定期的に交換する事が必要です。一般的には社外品の物よりも、純正品の方が長持ちすると言われています。ブレーキの効きなど安全面に関わってくるため自分自身での定期的なチェックは必要ですが、交換などの作業は専門の業者に依頼するのが良いと言えます。

Comments are closed.

最近の投稿