キャリパーの働き

キャリパーとはディスクブレーキを構成する部品のひとつです。ブレーキパッドを車輪とともに回転する金属の円盤(ブレーキローター)に押さえつけるためのものです。これによって発生する摩擦で回転を止めたり制御することができるようになります。

ブレーキをかけるということは、摩擦が発生する以上、熱が発生します。そしてブレーキを構成する部品には素材に応じた許容温度があり、これを超えてしまうと摩擦係数が下がり、制動力が低下してしまいます。そのため熱に強く、放熱効果が高い素材が適しています。自動車の場合は鋳鉄製のものが使用されることが多いです。

ブレーキパッドを押し付ける方法によって、機械式と油圧式にわけられます。

機械式はブレーキペダルが踏まれることでワイヤーが引っ張られて、ブレーキローターにブレーキパッドが押し付けられるタイプのものです。構造が単純なため初期のディスクブレーキに多く採用ましたが、ブレーキローターを制動するために必要な強い力を伝えることができず、いまではあまり使われていません。

油圧式は油圧によりブレーキパッドを押し付けるタイプですが、これなら倍力装置を装備することが可能であり、強い制動力を引き出すことができます。そのためディスクブレーキを採用している自動車やバイクは油圧式が採用されています。

Comments are closed.

最近の投稿