Archive for the ‘未分類’ Category

ニーエアバッグとは

シートベルトやエアバッグの普及で事故が発生した場合でも、搭乗者の死亡や重症化のリスクは減りました。しかし、それらがすべて作動してもリスクがゼロになったわけではありません。さらなる安全性確保のために、様々な技術が開発され続けています。そのなかで開発されたのがニーエアバッグです。
ニーエアバッグは運転手の脚部を受け止めることで姿勢を制御して、衝突時の身体全体の保護効果を高める効果があります。通常のエアバッグでは半分しか守ることができませんが、脚部や下半身のリスクを考えると、ニーエアバッグを合わせて使うことで全体を保護することができます。なぜなら、通常のエアバッグで上半身は守れても下半身に大きなダメージを受けて命を失うことは十分にありえるからです。中途半端な守りは守っていないのと、さほど変わらないといえます。
具体的な効果としては、膝前の内装カバーに搭載されていて、前面衝突時にダッシュボードと膝との空間を埋めるように展開して前方に移動する膝などの下肢を受けとめて保護する効果があります。さらに、下肢を受け止めることで腰の移動量が少なくなり、腰ベルトにかかる荷重を低減させ、肩ベルトや胸部かかる負荷も低減させる効果があります。

カーテンシールドエアバッグとは

自動車には近年では多くのモデルに対してエアバッグが標準装備として設定されていることを目にすることができます。エアバッグは衝突をしてしまった際に顔面を守ることができる機能になり、命を守るために今では欠かせない機能としても用いられています。このエアバッグに関しては、その後に新たに開発されているものがあり、カーテンシールドエアバッグと呼ばれているものがあります。設置されている場所は両サイドのキャビン側内部の窓の上部になり、衝突事故などを起こしてしまった際には全てのサイドガラスを多い被せるように開くタイプが一般的に利用されています。何もない状態で横からの衝撃を受けてしまった場合では、頭部などをガラスにぶつけてしまうケースや、中には身体が窓ガラスから外に飛び出してしまうような事故も想定できます。このような事故に遭遇した際にも、搭乗者を側面から守る方法としてカーテンシールドエアバッグが活用されていることになります。メーカーによって違いは生じていますが、全ての側面の窓ガラスに設定されていることが多く、後部座席にも対応しているモデルが存在しています。カーテンシールドエアバッグの登場でより一層高い安全性能を発揮させています。

サイドエアバッグとは

現在では自動車の安全性能については問題視されることも多く、万が一の交通事故を起こしてしまった際に、できるだけ搭乗者を守るための工夫が施されていることになり、充実した安全性能を発揮しているタイプが増えています。非常に有名な保護機能としては、エアバッグを挙げることができ、このタイプでは運転席側はステアリング中央部分から開くことになり、助手席側に関してはダッシュボードから開くタイプが一般的です。エアバッグも現在では進化をしているものがあり、中にはサイドエアバッグを搭載しているモデルも存在しています。サイドエアバッグとは運転席側や助手席側など両サイドのシートの横の脇部分から開くエアバッグになり、元々がドアとの距離が短いことになり、通常のエアバッグよりも瞬時に反応させることが必要とされています。機能面に関しては搭乗者の腹部や胸部などを横からの衝撃によってドアなどが潰されてしまうような場面で、その効果を発揮させることができます。また、搭乗者の座り方によっては敢えて作動させないようにするためのシステムが搭載されていることが多く、衝突時に発生することが予測される不具合を解消させており、サイドエアバッグは常に安全性を考慮した機能を保っています。

運転席・助手席エアバッグとは

事故に遭遇する直前に運転席および助手席のエアバッグが作動するような状況となれば、身を守るようにしていく部分が出ていきます。最新式のエアバッグはリモートコントローラーのような内容が組み込まれており、「いざ」というときに大きなクッションが出てくるといった構造をとっているのです。人の体型に関わらず全体を包み込んでくれるような内容が見込まれることから、従来の頭部のみを守るタイプから格段に進化しているという部分が見えていくのです。
その一方でシートベルトの締め方もエアバッグと大きく関係しており、自由が利きやすい状態であれば事故の際に危険が伴うため、そういった内容も日頃から確認しておく習慣が大切です。運転する方であれば交通ルールを常に守っていくという意識を持っているでしょうが、無免許である場合は最低限の自動車に関する知識を学んでおくようにすることがより一層重要となります。運転席および助手席に搭載されているエアバッグは、現在も実用性に優れた開発が実行されており、種類に関わらずいろいろな方面での活用が期待されているのです。最新の情報に触れていきながら、正しい知識と共に向き合うようにする部分が重要になるのです。

エアバッグの役割とは

エアバッグは全ての車に備え付けなければならない安全装置です。事故の時の衝撃に反応して作動し、運転手や助手席の人が頭や体をフロント部分の強くぶつけないようにする役割を持ちます。エアバッグは前方や横から衝撃を受けると、圧迫されてガスが行き場を無くすため大きく膨らみクッションとして働き衝撃によって人が持った運動エネルギーを吸収します。衝撃を受けてから膨らむまでは人が瞬きをする時間の半分以下や音速と同じくらい早いので、エアバッグがあるかどうかで事故の被害に大きな影響を与えています。しかし本来交通事故の被害を最小限に抑えるのはシートベルトです。安全装置が作動して膨らんでも、シートベルトをしていないと効果を十分に得られません。衝撃によって人間の体は前や横に大きく揺さぶられます。もしシートベルトがなかったらサイドガラスやフロントガラスに体が投げ出されて、道路に飛び出すのでエアバッグが膨らんでも機能しないためです。道路に出ればその衝撃は強く命を落とすこともあります。まずは体が外に投げ出されない必要があります。よってエアバッグはシートベルトを着用することが前提に作られており、日本語の正式名称も補助拘束装置とされます。

エアバッグとは

エアバッグとは、作動すると袋が膨らむことにより運動エネルギーを吸収したり、衝撃の緩和をするために使用される装置のことです。身近にあるものとして、自動車の運転席や補助席などに乗員保護システムとしてエアバッグが使用されています。これによって事故などの際に役立っています。最近では側面からの衝撃やひざの衝撃を守るためにいろいろなところに取り付けられています。ただし、エアバッグを使用する最低条件としてシートベルトを着用していることが前提です。正しい使い方をすれば命を守ることが出来ますが、使い方を間違えれば命を落としてしまう可能性があります。現に日本国内においてエアバッグによって奇跡的に命が助かった事例もあれば、逆にこれによって死亡してしまった事例や怪我(重傷)になってしまったという事例があります。また、必ずしも使いたい時に起動するわけではないため、作動をせずに事故によって死亡してしまった事例もあります。そのため、必要なときにしっかりと作動するかどうかをきちんと点検する必要があります。現在では、オートバイや惑星探査機に使用されていたり、雪山などでの雪崩の対策などにも使用されています。正しい使い方を身につけるようにしましょう。

ブレーキアシストとは

最近は燃費の向上と共に一段違った安全性の向上が図られています。事故の際に被害が少なく済むようなボディの頑丈性、エアバッグ、シートベルトといった方向ではなく事故を未然に防ぐための安全装置です。ブレーキアシストというより早く停止するための装置が多くの車に搭載されています。これは間違われる事が多いのですが前方の障害物を感知して自動でブレーキをかけると言う衝突被害軽減ブレーキとは別なシステムです。通常運転手が危険を感じて急ブレーキを踏んだ際には強い力で踏み続ける必要があります。一度強く踏んだだけではスピードが落ちるだけで停まるまでの制動距離が長くなってしまいます。しかし一般の運転者は普通に信号で止まる程度のブレーキ操作の強度しか知らない事もあり、長時間強い力でブレーキを踏み続けられない事が多いのです。ブレーキアシストは運転者のペダル操作速度から緊急性がある事を感知し、それがパニックブレーキであると判断した場合には通常よりも高いブレーキ液圧を発生させて制動距離を短縮させるものです。力の弱い女性や老人でも強い踏む力を維持できる為、大変に有効な安全システムとして普及しつつあります。機械式と電気式があり電気式は反応に優れますがやや高価となります。

ABSとは

ABSは、自動車などに搭載されているブレーキシステムで、Antilock Brake Systemの略で、メーカーによっては異なった呼び名の場合もあります。
機能は、ブレーキをロックさせない機能で、急ブレーキをかけた時や滑りやすい路面などでブレーキをかけた場合、タイヤがロックしてしまうとハンドル操作は不能となり、制動距離も伸びてしまうので危険が伴いますが、ABSは断続的にブレーキ圧を緩めてタイヤの回転を維持しながらブレーキングを行うので、制動距離は短くなり、ハンドル操作も可能になるので障害物などを回避できます。
構造は、ブレーキペダルを強く踏みタイヤがロックしそうになるとセンサーが感知してブレーキを弱めて最適な状態にし、ブレーキを強めたり弱めたりしてタイヤのロックを防ぐ構造となっています。
ABSが作動していると、ポンピングブレーキをかけているような状態になり、ブレーキペダルは押し戻されるよな感じで強い振動がありますが、故障ではないのでそのまま強く踏み続けると安全に停止できます。
この時、ポンピングブレーキをかけると制動距離が伸びてしまいますので、ブレーキは力強く踏みハンドル操作に集中するようにします。

充実した安全装備について

私たちが現在使っている車にはさまざまな安全装備が施されています。
今は付いていて当たり前になっている装備も当時は画期的な進歩でした。
シートベルトは昔は閉めないのが当たり前でしたが、衝突事故で身を守る重要性が認識されると、現在の3点式シートベルトが広く普及するようになりました。
また、シートベルトだけでは防ぎきれない衝突時の衝撃を和らげるためにエアバッグが開発され、運転席前部だけでなく側面や助手席側にも装備されるようになっています。
ブレーキについて以前はタイヤがロックされるのを防ぐために強く踏み込まないよう教えられていましたが、アンチロックブレーキシステムによりその心配は無くなっています。
最近開発されたものは自動ブレーキシステムで、前方の障害物を認識して衝突の可能性があるときは自動的にブレーキがかかるようになっています。
狭いところや死角を認識する補助として、上方から見た映像を映し出すアラウンドビューモニターも普及し始めています。
高速道路においてはクルーズコントロールやその他の最新の技術で、ほぼ自動運転に近い技術が開発されています。
現在、GPSと移動する障害物の認識の精度を上げることによる完全自動運転の開発に向けて、世界の様々な業種の企業が研究を重ねています。
これが実現すれば交通事故の件数は劇的に少なくなると言われています。

押さえておこう!車の安全装備の数々

}PgžxQ車には数々の安全装備が搭載されています。もしもの事故にも被害を最小限度に抑えるためのシステムです。安全装備の中ではエアバッグが最もポピュラーです。エアバッグは衝突を感知すると袋が膨らんで搭乗員を守る装置です。エアバッグも日々進化しており、今では助手席や側面にも装備されています。また足を守るためのニーエアバッグもあります。これは衝突時にダッシュボードと足との空間を埋めるようにして衝撃を吸収します。それによって腰ベルトや肩ベルトにかかる負荷も軽減されます。エアバッグはシートベルトをしていることを前提に設計されていることを念頭に置きましょう。またフロントパーツが衝撃を吸収するようになっていたり、衝突を未然に防ぐシステムが搭載されていることもあります。現在普及しているのがABSです。ABSはアンチブレーキシステムのことで、ブレーキにロックがかからないようにする仕組みです。凍結していたり濡れている路面ではタイヤが路面をスリップし、ハンドルがロックされてしまうので向きを変えられずに衝突に繋がります。ABSはスリップを感知すると自動で液圧を下げます。それによってタイヤが滑ってもハンドルがロックされないのです。

最近の投稿