カーテンシールドエアバッグとは

自動車には近年では多くのモデルに対してエアバッグが標準装備として設定されていることを目にすることができます。エアバッグは衝突をしてしまった際に顔面を守ることができる機能になり、命を守るために今では欠かせない機能としても用いられています。このエアバッグに関しては、その後に新たに開発されているものがあり、カーテンシールドエアバッグと呼ばれているものがあります。設置されている場所は両サイドのキャビン側内部の窓の上部になり、衝突事故などを起こしてしまった際には全てのサイドガラスを多い被せるように開くタイプが一般的に利用されています。何もない状態で横からの衝撃を受けてしまった場合では、頭部などをガラスにぶつけてしまうケースや、中には身体が窓ガラスから外に飛び出してしまうような事故も想定できます。このような事故に遭遇した際にも、搭乗者を側面から守る方法としてカーテンシールドエアバッグが活用されていることになります。メーカーによって違いは生じていますが、全ての側面の窓ガラスに設定されていることが多く、後部座席にも対応しているモデルが存在しています。カーテンシールドエアバッグの登場でより一層高い安全性能を発揮させています。

Comments are closed.

最近の投稿