どういう仕組み?自動車税

自動車税は毎年4月1日現在の所有者に課税される地方税です。どの地方かというと、都道県からの課税となるものです。この税金は、運輸支局での登録を行った後に必ず都道府県税事務所に対して、自動車税、自動車取得税申告書を提出しなければなりませんが、その申告に基づいての課税となっています。
4月1日現在での所有者に1年間分を課税するわけですが、年度途中での名義変更ではその年度の自動車税の納税義務者は原則として変わりません。4月1日になってその日に名義変更をしても、4月1日になった時点での名義の人に課税されてきます。なお、原則として所有者課税ですが、自動車をローンで購入をしたつまり所有権留保付き売買で購入をした場合のみ使用者を実質的な所有者と見なして、使用者に課税する仕組みです。
税額自体はほぼ全国共通のもので、1ナンバーから8ナンバーまで決まっています。排気量で決まるものが大半ですが、用途が決まっているものなどは固定化されているものも存在しています。なお、年度途中での抹消登録の場合つまり廃車については、月割りで自動車税を減額するようになり、納税済みの場合は管轄する都道府県税事務所から自動車税の還付のお知らせが届いて返還されるようになっています。

Comments are closed.

最近の投稿