エコカー減税の対象車と期間について

税金とは、購入した時の「取得税」・購入時と検査時の「重量税」・毎年掛かる「軽・自動車税」です。エコカーとは次世代カーといわれる電気・天然ガス・プラグインハイブリット・クリーンディーゼルなどと、国土交通省が定める排出ガスと燃費基準を満たしたものが対象車となります。適用期間は重量税が平成24年5月1日から平成27年4月30日で、取得税が平成24年4月1日から平成27年3月31日となっています。減税率は購入するものが新しいか、中古かによって違ってきます。また燃料に係る環境負荷に関する分類で電気・天然ガス・プラグインハイブリット・クリーンディーゼルと、ハイブリットと含むガソリン・ハイブリットを含むディーゼルであるかでも
減税率が異なります。ガソリン・ディーゼルの場合、乗用・中量・重量という重さによっても減税率が変わり、減税基準はハイブリットとガソリンで基準に対しプラス20%・プラス10%・10%未満達成でも変わると覚えておいてください。エコカー減税は重量税の場合、適用期間内における新規検査で納付しなければならない税額を50%以上減免されます。輸入されたものであっても基準を満たしていれば対象車となります。

Comments are closed.

最近の投稿