飲酒が及ぼす影響とは

飲酒の状態で運転をしてしまうと、様々な影響を与えてしまうのです。
場合によっては、ドライバーや同乗者へのリスクだけでなく、通行人や他の車に被害を与えてしまいかねないのです。
まず、飲酒状態になってしまうと、判断力が鈍ってしまうのです。
例えば、目の前に停車している車があるにも関わらず、判断が遅れてしまい避けることができず、そのままぶつかってしまうケースがあるのです。
また、飲酒したことによって、認知力も低下してしまうことが多いです。
人が横断をしているにも関わらず、認知力の低下によって、人を認知するまでに時間がかかってしまい、その結果人との接触事故を引き起こす可能性があるのです。
そして、当然ですが操作にも大きな支障をきたします。
自分ではちゃんと操作をしているつもりでも、実際はかなりフラフラな運転になっていたり、あるいは法定速度を明らかに超えるスピードで走っていたりするのです。
他にも、お酒を飲みすぎれば正常な意識を保つのも難しくなるでしょうし、錯覚や幻覚が見えたりすれば、とてもまともに運転ができる状態ではないのです。
だからこそ、飲酒をした時には、車を運転しないことが大前提ですし、たとえ少量のお酒であっても飲んだ以上は控えるべきなのです。

Comments are closed.

最近の投稿