過労運転を避ける方法について

車の運転には集中力を費やすので、どうしても長時間運転をし続けると、過労運転になってしまいがちなのです。
そうなれば、判断力が鈍ったり、眠気が襲ってきたりして、大事故を引き起こしてしまう可能性もあるのです。
そういった過労運転を避けるためにも、ゆとりのある運転計画をして、適度に休憩をすることが大事になってくるのです。
長時間車を運転する目的が、仕事にしても旅行にしても、あらかじめそれが分かっているはずです。
当日になって急に長時間運転しなければいけなくなるケースなど、まずないと思います。
ですから、事前に大まかなルートを把握して、運転距離であったり所要時間を大雑把にでも調べておくようにしましょう。
その上で、過労運転にならないように、何回休憩をするのか、サービスエリアはどこにあるのかなど、そういった計画も立てておくことが大事なのです。
くれぐれも、無理なスケジュールを立てたり、ギリギリになりそうなプランは立てないようにしましょう。
例えば、おおよそ8時間程度の運転が必要だと思ったのであれば、10時間ぐらいの余裕を持って計画を立てるようにしましょう。
そういったゆとりのある運転計画が、事故を未然に防いでくれるのです。

Comments are closed.

最近の投稿