交通事故、査定額の請求はどこまで?

交通事故は自分の過失、他人の過失を含め多くの損害が出てしまう悲しい出来事です。ただし、金銭で解決できる問題については自賠責や任意保険で解決されることが多いです。保険の適用には各種調査が行われ、損害を与えた相手に対して査定額を調査、請求となります。この時、車の損害以外にも多数の部分に保険が適用となります。まず、車については両者の過失割合から算出され、それぞ請求が行われます。もし、車両保険をかけていない場合でも相手の車に対しては対物保障ないで支払われます。また、自分の車に対しても相手からの損害金が支払われ、足りない部分を自分の車両保険で治すことに鳴りますが、かけていない場合は不足分を自費で支払うことが必要です。過失割合については公正な係員が検討しますが、不服がある場合は裁判も可能です。車以外の保障については医療費、医療にかかる移動費も保証の対象となることが多いです。また、自身の場合はレッカー費用、レンタカー代などが保障の内容から支払われます。また、保障によっては車の中にある貴重品や各種道具についても保障されることがあります。保険はオプションを選ぶのが面倒な事が多いですが、保険をいざ使うとき、自費で支払える、支払えないで選択していくと良い場合が多いようです。家族02

Comments are closed.

最近の投稿