車が水没したときの対処と脱出方法について

最近はゲリラ豪雨などの影響から、突然の河川の増水など、車に乗っていて、突然襲われてしまうということがあります。
車が水没してしまったら、そのままの状態だと、内側まで水が入ってきて、おぼれてしまう可能性があります。
そういった状態になった場合は脱出する必要があります。しかし、外側の水の圧力によって、普通にドアを開こうとおもったらとても人の手の力だけではあけることができません。
水圧というものは、外側と内側が同じ圧力なら、開けることもできるようになるので、完全に水につかる前に酸素をしっかりと吸い込んで完全に水で車内がうまったらドアが開けやすくなって、脱出することができます。
もうひとつの方法は、フロントガラスを割るという方法です。簡単に割ることができるのかというと、一定の場所に強い力を加えると割れやすいので、フロントガラスを割るための道具が売っているので、そういった道具を使うことで車から抜け出すことができます。
さらに、シートベルトを切るためのはさみのようなものを常時車に入れておくことでいざとなったときにはシートベルトをはずすことが困難になってしまうので、あけることができないシートベルトを切ることも場合によっては必要です。

Comments are closed.

最近の投稿