何がある?自動車の購入にかかる諸費用の種類

自動車の購入時には、様々な諸費用がかかります。一番大きなウェイトを占めるのは税金です。色々な税金が課税されますが、それ以外でも諸経費として必要になるのが、行政書士への依頼料です。新車の購入時における運輸支局等での登録の場合はまず必要とされ、1万円程度は見積もっておくことが求められるところとなります。
税金や行政書士への依頼料以外では、必ず加入しなければならない強制保険である自賠責も大きな負担ですし、自賠責以外でも普通は任意保険に加入をします。したがって、この保険料も相応に大きな負担を強いられることになりますが、万が一に備えてのものですから、加入をしないという選択は通常あり得ません。
運輸支局等での申請にかかる経費もありますが、こちらは指定された証紙を購入して申告書類等に貼って提出を行います。窓口としては別にしておいて、申請の前の書類を揃える段階で金額に見合った証紙の購入を行います。
希望者だけにはなりますが、ナンバープレートを希望する数字にしたい場合には、抽選番号以外の場合は数千円程度を用意しておくことが必要です。運輸支局等で別途その番号のナンバープレートの作成を行うためで、ナンバープレートの交付まで時間がかかることも知っておくことが必要です。

Comments are closed.

最近の投稿