人間の能力と運転とは

基礎をしっかりと対策をして安全運転するには自動車の機能等を理解します。運転前にはブレーキの効き具合、ストップランプ、等の乗車前点検をします。それは自動車学校にて学習していますので思い出しながら実施します。自動車の整備は怠らない様にして、不備があったら直ぐにディーラーに連絡して対応します。次に能力ですが、これは実際に運転経験を積み重ねて身に付けます。先ず、席に座った時に社外の見える所と見えない所を感覚的にも把握をして置きます。この見えない所、死角を把握して置かないと思わぬ接触が発生します。接触相手が人だと大変な事になります。運転中はスピード感覚を身に付けます。常にスピードメーターを見ながらでは危険です。今走行しているスピードは何キロかを判る様にします。勿論、スピードメーターを確認する事は怠らない様にします。そのスピードに対する安全な車間距離の感覚も重要です。追突しそうになり急ブレーキをかけるのでは安全ではありません。街中の場合や郊外の場合等、様々なケースに対応出来る様にします。又、郊外で右カーブ、左カーブを走行すると、実際の道路幅は同じなのに片側だけ広く感じる事があります。この様な場所では、はみ出しに注意をします。以上の様に能力を身に付ける事が必要です。

}PgžxQ

Comments are closed.

最近の投稿