認知・判断・操作とは

車の運転はちょっとした気の緩みやミスで事故を生んでしまうこともあります。少しでも不安を感じることがあれば、基本に立ち帰ってみましょう。
安全を保持するための基本条件、それは認知、判断、操作をしっかり行っていくことです。
例えば信号の無い交差点で左折しようとするとき、交差道路を右から走ってくる車があったとします。この場合、その接近車両を意識の中に置いて、認めることが認知となります。そして今左折すれば接近車両と衝突しかねない、だから通過するのを待って発進しよう、と考えることが判断です。それに従って、ブレーキ、アクセル、ハンドルなど適切に行っていくのが操作になります。このように状況に応じて一連の行動を行うことが、安全の基本になります。
また、判断を下していくなかでは、視認できること以外に、起こり得るかもしれない事態を予測することも大切です。走行中、前方の路肩に停車中の車両がある場合では、陰から人が飛び出してくる可能性が予測できます。
人間の能力では不測の事態の反応にも限界があります。しかし、危険を見越して速度を落としておけば。実際に人が飛び出してきたとき、安全に対応することができます。
時には、停車中の車の屋根から人の頭が見えている、人の影が路面に映っているなど、ちょっとした情報を認知し、判断することも危険を回避するには重要になるので、回りの状況に十分気を配っていきましょう。

Comments are closed.

最近の投稿