押さえておこう!車の安全装備の数々

}PgžxQ車には数々の安全装備が搭載されています。もしもの事故にも被害を最小限度に抑えるためのシステムです。安全装備の中ではエアバッグが最もポピュラーです。エアバッグは衝突を感知すると袋が膨らんで搭乗員を守る装置です。エアバッグも日々進化しており、今では助手席や側面にも装備されています。また足を守るためのニーエアバッグもあります。これは衝突時にダッシュボードと足との空間を埋めるようにして衝撃を吸収します。それによって腰ベルトや肩ベルトにかかる負荷も軽減されます。エアバッグはシートベルトをしていることを前提に設計されていることを念頭に置きましょう。またフロントパーツが衝撃を吸収するようになっていたり、衝突を未然に防ぐシステムが搭載されていることもあります。現在普及しているのがABSです。ABSはアンチブレーキシステムのことで、ブレーキにロックがかからないようにする仕組みです。凍結していたり濡れている路面ではタイヤが路面をスリップし、ハンドルがロックされてしまうので向きを変えられずに衝突に繋がります。ABSはスリップを感知すると自動で液圧を下げます。それによってタイヤが滑ってもハンドルがロックされないのです。

Comments are closed.

最近の投稿