サイドエアバッグとは

現在では自動車の安全性能については問題視されることも多く、万が一の交通事故を起こしてしまった際に、できるだけ搭乗者を守るための工夫が施されていることになり、充実した安全性能を発揮しているタイプが増えています。非常に有名な保護機能としては、エアバッグを挙げることができ、このタイプでは運転席側はステアリング中央部分から開くことになり、助手席側に関してはダッシュボードから開くタイプが一般的です。エアバッグも現在では進化をしているものがあり、中にはサイドエアバッグを搭載しているモデルも存在しています。サイドエアバッグとは運転席側や助手席側など両サイドのシートの横の脇部分から開くエアバッグになり、元々がドアとの距離が短いことになり、通常のエアバッグよりも瞬時に反応させることが必要とされています。機能面に関しては搭乗者の腹部や胸部などを横からの衝撃によってドアなどが潰されてしまうような場面で、その効果を発揮させることができます。また、搭乗者の座り方によっては敢えて作動させないようにするためのシステムが搭載されていることが多く、衝突時に発生することが予測される不具合を解消させており、サイドエアバッグは常に安全性を考慮した機能を保っています。

Comments are closed.

最近の投稿