走行中は運転に集中することが第一

車に乗るときに一番大切なのは、運転に集中するということです。注意力が散漫な場合では、事故に遭う可能性が高まります。ですから、きちんと意識を持って運転をするようにします。
例えば、走行中にわき見運転をしたりすると、ハッとすることがあるでしょう。確かに道では景色も変わっていくので、そちらを気にしてしまうのですが、まずは自分の車に注意します。携帯電話やスマホは厳禁です。警察に捕まるだけでなく、事故に遭うということもあるかもしれません。運転中はドライブモードにしてあとでかけなおしましょう。急な電話では、隅に停車をして話をするようにしましょう。
自分の車だけではありません。ほかの車の動きや通行人、信号の様子などもきちんと確認しながら、運転していきます。音楽やラジオなども邪魔にならない程度にかけるようにします。緊急車両が近づいてきたのがわからないと本当に困ります。ですから、大きな音にならないようにします。
しかしながら、運転に慣れるまでは一度にいろいろなところに注意しながらというのはとても大変なことです。ですから、自分が集中できるような環境にするとよいでしょう。まわりの様子を見ながら、運転できるようにしましょう。

Comments are closed.

最近の投稿