トラブル防止の為に

自動車にを所有していて、乗っていると、トラブルはつきものです。その防止策を考えてみましょう。
まず、自分の不注意によるものとしては、ガス欠で交差点などで停まってしまうような事態に陥ることです。全くガソリンがなくなると、車は動かなくなります。そうなる前に、エンプティのランプがついたときに速やかにガソリンを入れるようにしましょう。これは人によって、意識の違いもあるのですが、50kmくらいなら走れるといった過信がこういった事態を生みます。エアコンを使う夏場などは特に燃費が悪くなっているので、気をつけるようにしましょう。
次に、外部によるものとしては、車内の盗難、車上狙いです。これは社会問題にもなっています。車内に金めのものがあることがわかると、狙われやすかったり、車の置き場によって人目につかないところにおいていると狙われたりすることがあります。ですから、置き場には気をつけること、盗難防止として車を無理にいじろうとすると警告が出るようなものを設置するといいでしょう。
最後に、近所との騒音問題として、夜遅い時間いエンジン音の大きい車を扱うような時には十分に注意するようにしましょう。近所との関係はとても大切なのです。

Comments are closed.

最近の投稿