前後を注意して正しい車線を

運転初心者にとって、大きな関門は駐車と車線変更でしょう。特に車線変更は走行中にしなければならず、苦手意識を持つ人が非常に多いです。車線変更のポイントを確認しておきましょう。コツさえ分かればもう怖くありません。車線変更したいときは、まず前後の安全確認をします。サイドミラーやルームミラーを見ながら、変更したい車線にスペースがあるかどうか判断します。次に合図を出して、その方向に移動していきます。この時大切なのが、車は止まっているわけではなく、お互い動いているということです。変更する車線の車の流れに乗らなければなりません。例えば、変更する車線の車が速く進んでいるのに、車線変更した自分の車がそれよりも遅く走ると、後続車が追突してしまう危険性があります。逆の場合もそうです。ゆっくり走っている車の中に、スピードを出して入ってしまうと、前の車に追突してしまう可能性があります。周囲の車の流れを的確に把握することが、上手な車線変更のポイントです。また、初めのうちはミラーで確認することに慣れず、後ろを向いて直接見る人が多いですが、これも危険です。後ろを向いた一瞬の間に、前の車が急ブレーキを踏むと追突しかねません。さらに、車線をすり抜けてくるバイクにも注意しましょう。

Comments are closed.

最近の投稿