自動車の維持にかかるコストの種類について

クルマは所有しているだけでも、様々な維持費が発生します。それを知らないで購入すると、後から困ることになりますので、クルマを購入する前にどのような維持費が発生するのか、よく理解しておくことが大切です。まず、クルマが納車される前に手続きしておくと安心なのが任意保険です。強制保険ではありませんが、万一の事故に備えてきちんと加入しておくことが求められます。

次に燃料代がかかります。普段からよくクルマに乗っている人は、毎月給油が必要になりますので家計にも響きます。燃料代を抑えたい人は燃費の良いクルマがおすすめです。また、近所はクルマに乗らないで歩いたり、自転車に乗るのも手です。また、半年に1回程度の割合でエンジンオイルの交換が必要になります。エンジンオイルを交換しないと、エンジン内部に不純物が除去できず、ノッキングが発生したり、燃費が悪化したり、また寿命を早める結果になってしまいます。また、5月になると自動車税の請求が届きます。この他、新車から3年目、その後は2年ごとに車検があります。その際には、必要なメンテナンス代が必要な他、重量税や自賠責保険代などが必要です。クルマの修理代に関しては新車から5年までは補償がありますが、それを過ぎると様々な修理費用も考えなければなりません。

Comments are closed.

最近の投稿