自動車節税する際のポイント

車を所有すると、様々な税金がかかります。購入時にもかかりますし、所有するだけでもかかります。もちろん使えばもっとかかります。何十年も前であれば、贅沢品という位置付けで高い税金が課せられるのも仕方がなかったかもしれませんが、現在は実情に合っていないとの見かたもあります。
今後税制改革で変わる可能性はありますが、税収が足りていない日本において、驚くほど税負担が軽くなることは考えられません。そうなると、消費者のほうで少しでも節税努力をするしかありません。
維持費を節税するなら、燃費の良いマイカーを選ぶ、という方法があります。燃費が良ければ多額の税金が課せられているガソリンの使用量が少なくて済みます。ガソリンをまったく使わない電気、燃料電池を動力源とするマイカーに買い替えるのも良いでしょう。
取得する時は、取得税が少しでも少なくなるよう努力しましょう。取得税は取得金額に応じて上がりますが、この取得金額にはオプション品も含まれます。本体が200万円であっても、100万円のオプションをつければ、300万円が基準になりますので注意しましょう。オプション品は後から付ければ課税されません。後付けできるものは、なるべく後から取り付けるようにしましょう。

Comments are closed.

最近の投稿