自動車税と軽自動車税との課税額を比較してみよう!

自動車税と軽自動車税の最大の違いは税額そのものです。軽自動車税は乗用車タイプであっても年額7千円余りか1万円余りで済みますが、自動車税の場合は同じ常用であっても最低でも3万円近くかかってしまいます。ただし、軽自動車税は年度途中で抹消登録を行ったとしても、月割りので税金の還付はありません。一方、自動車税は月割りので還付が発生します。抹消登録の翌月から3月分までを月割りで返還するというもので、元々の税額が高ければそれだけ還付される額も多くなってきます。つまり月割りでの課税の考え方があるかないかでも分けることが出来ます。
なお、4月1日現在で登録があればそれぞれ課税されることに変わりはありません。しかしながら、年額での計算しかしない軽四の場合と、月割りので課税の考え方があるものとで、ここでも考え方が変わります。年度途中で抹消登録を行っても翌年度以降の課税が発生しないだけという理解をすることになります。この方法で4月1日以降に新規登録を行えば、その年の税金負担が安くなるという考え方が出来ますので、購入時には販売業者とよく話し合って決めることが大切となるでしょう。数千円でも違えば、相応に変わってくるものです。

Comments are closed.

最近の投稿