自動車重量税早見表とは?

総ての公道を走行する自動車の所有者は、必ず税金を納付する義務があります。納付するタイミングは新規で購入するか法定検査を受けたタイミングで支払うこととし、法定検査を受けなければ公道を走行することができないため、延滞がない税金です。

もちろん、公道を走行する軽自動車にも課せられ、車両重量や年数、排ガス規制区分、燃費などによって税額も変ってくるのが特徴としてあります。納付先は国となり、納税額の基本は税金の命名から車両重量が基本となります。

実際には早見表が整備されており、その早見表を見れば納税額が簡単に解るようになっています。自家用の場合であると軽自動車、0.5トン毎に税額が決められており、3トン以上は一律の税額となります。

また他の特徴としては、最高で新規購入時と1回目の法定検査時の合計2回までエコカー減税を受けることが出来る点です。その内容もエコカー減税対象であれば新規購入時であれば、免税、本則税率から75%、本則税率から50%減税、本則税率から25%減税、本則税率の五つの種類に分けることが出来ます。

1回目の法定検査時では、免税、本則税率から50%減税、本則税率の三つの種類に分けることが出来ます。もちろんエコカー対象外の場合は、税金が高くなってしまいます。

なお法定検査の有効期間が1ヶ月以上残っている場合には、その還付を受けることも可能となります。

 

Comments are closed.

最近の投稿