充実した安全装備について

私たちが現在使っている車にはさまざまな安全装備が施されています。
今は付いていて当たり前になっている装備も当時は画期的な進歩でした。
シートベルトは昔は閉めないのが当たり前でしたが、衝突事故で身を守る重要性が認識されると、現在の3点式シートベルトが広く普及するようになりました。
また、シートベルトだけでは防ぎきれない衝突時の衝撃を和らげるためにエアバッグが開発され、運転席前部だけでなく側面や助手席側にも装備されるようになっています。
ブレーキについて以前はタイヤがロックされるのを防ぐために強く踏み込まないよう教えられていましたが、アンチロックブレーキシステムによりその心配は無くなっています。
最近開発されたものは自動ブレーキシステムで、前方の障害物を認識して衝突の可能性があるときは自動的にブレーキがかかるようになっています。
狭いところや死角を認識する補助として、上方から見た映像を映し出すアラウンドビューモニターも普及し始めています。
高速道路においてはクルーズコントロールやその他の最新の技術で、ほぼ自動運転に近い技術が開発されています。
現在、GPSと移動する障害物の認識の精度を上げることによる完全自動運転の開発に向けて、世界の様々な業種の企業が研究を重ねています。
これが実現すれば交通事故の件数は劇的に少なくなると言われています。

Comments are closed.

最近の投稿